Time!

タイムリーな情報がよくわかる!

ニュース

【有罪実刑判決】飯塚幸三の裁判の判決内容は?経歴wikiや現在について調査!【池袋暴走事故】

投稿日:2021年9月2日 更新日:

 

こんにちは。

 

今回は、池袋暴走事故の加害者である、飯塚幸三さんを取り上げます。

 

飯塚幸三さんには、本日、禁錮5年の実刑判決が下されました。

 

この記事では、飯塚幸三さんについて、裁判の判決内容や経歴wiki、現在などをわかるかぎりまとめていこうと思います!

 

Point!

・飯塚幸三さんの経歴wikiや画像などプロフィール!

・裁判の罪状、判決内容は?

 




飯塚幸三さんの経歴wikiや顔画像などプロフィール!

 

まずは簡単に飯塚幸三さんの経歴wikiをみていきます。

 

飯塚幸三さんの経歴wiki

 

出典:https://www.tokyo-np.co.jp/article_photo/list?article_id=128456&pid=447697

 

名前:飯塚 幸三(いいづか こうぞう)

生年月日:1931年6月1日

年齢:90歳

出身:東京府(現在の東京都中野区)

大学:東京大学理科1類

職業:旧通産省工業技術院の元院長、元クボタ副社長

出典:ウィキペディア

 

 

15年間委員を務めた国際度量衡委員会では、日本人初の副委員長にも就任し、国際計測連合(IMEKO)では会長を務めました。

 

計量研究所において硬さ測定や形状誤差など測定・計量の研究に取り組み、計量研究所所長、工業技術院長、クボタ取締役(常務、専務、副社長)を歴任。計測の国際標準化活動にも貢献し、日本計量振興協会や計測自動制御学会では会長を、日本工学アカデミーや日本工業標準調査会では副会長を務めています。
2015年秋に瑞宝重光章を受勲。

 

 

裁判の罪状、判決内容は?

 

罪状:過失運転致死傷罪

 

2019年4月19日、東京都豊島区池袋4丁目で発生した交通事故。

 

飯塚幸三さんが運転する乗用車が、暴走して交差点に侵入し、歩行者・自転車らを次々にはね、計11人を死傷(母子2人が死亡、9人が負傷)させ、過失運転致死傷容疑で書類送検・在宅起訴されました。

 

また、飯塚幸三さんの過去の経歴が影響したのかはわかりませんが、事故当時、飯塚幸三さんがすぐさま逮捕されなかったことから、「上級国民」という言葉が流行りました。

 

現場には、慰霊碑が設置されています。

 

 

飯塚幸三さんは「車の異常でブレーキが効かなくなった」として、一貫して無罪を主張していました。

 

一方、検察官は「事故の原因は、ブレーキとアクセルの踏み間違え」として、禁錮7年(法定の上限)を求刑していました。

 

判決

 

そして本日、判決が下りました。

 

おととし、東京・池袋で親子を含む11人が死傷した事故の裁判で、東京地裁はさきほど、旧通産省工業技術院の元院長で90歳の飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

引用:Yahoo!ニュース

 

 

判決では、飯塚幸三さんは「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と認定されました。

 

なお、禁錮と懲役は、刑務所内で刑務作業があるかないかの違いで、禁錮刑には、刑務作業がありません(懲役>禁錮)。

 

裁判長は、飯塚幸三さんに対して、「自らの責任を認めて遺族に真摯に謝ってほしい」と説諭しました。

東京地裁の下津健司裁判長は2日、禁錮5年(求刑・禁錮7年)の判決の言い渡し後、「証拠上あなたの過失は明白だと判断しました。裁判所の認定に納得できるのであれば、まずは被害者、遺族に自らの責任を認め、過失を認めた上で真摯(しんし)に謝っていただきたい」と説諭した。飯塚被告は証言台の前で小さく数回うなずいていた。

引用:Yahoo!ニュース

 

裁判長の言葉を受けて、飯塚幸三さんは遺族に対して、誠意ある謝罪をするのでしょうか。小さく数回うなずいていたという飯塚幸三さんの心境が気になりますね。

 

遺族の会見

 

判決後、遺族の松永拓也さんらが会見をしました。

 

松永さんは、飯塚幸三さんに、誠意ある謝罪と控訴しないことを望んでいます。

 

過失を否定し続けた被告に対しては、控訴を断念し、謝罪することを要望。これまでに罪を認めた上での謝罪の言葉はなく、「ラストチャンスだと思う」と話した。

引用:ライブドアニュース

 

会見の抜粋動画です。

 

 

ノーカット版もあります。お時間のある方はどうぞ!

 

 

控訴せず

 

飯塚幸三さんには、控訴の可能性がありましたが、結局控訴はしませんでした。

 

池袋暴走事故で有罪判決を受けた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三氏が控訴しない方針を固めた。一審の禁錮5年(求刑禁固7年)が確定した。

引用:Yahoo!ニュース

 




ネットの声:飯塚幸三さんの判決!

 

ついに判決がくだりました。求刑7年に対して、なぜ2年減らされたのか理由がわかりません。無罪主張が通らないであろうことは予想通りでしたが、実刑で執行猶予がつきませんでした。被告人の90歳という年齢からして異例と言えるでしょう(検察官による刑の執行停止はあり得ます、刑訴法482条)。ご遺族は被告人に控訴しないことを願っておられましたが、実刑であれば控訴はされる予感がします。それにしても起こした重大な結果からして刑が軽すぎる気がします。本件が上限7年の過失致死傷罪である点に違和感を持っています。適正な法律改正が必要ではないでしょうか。

 

実刑は当然だよ。
でもMAXの7年ではないんでしょ。

これまでの会見見てても松永さんは感情を抑えている方だと思う。
今まで戦った姿に敬意を表したい。

 

禁固5年はヌルい。もちろん控訴があがっても棄却してください。
「一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか」
「私にこの先何年も人を恨み続ける道を歩ませないで欲しい。
2人の愛してくれた、私らしい私でいさせて欲しい」
松永さんの意向に同意します。これ以上松永さんを苦しめないでほしい。

飯塚容疑者は真実と向き合う姿勢すら無い。
免許を取得する時の講習では「車は凶器」と教わります。包丁を振り回して「人は刺したけど殺すつもりはなかった」という意味不明な弁明を繰り返す飯塚容疑者に弁明の余地はありません。否認を繰り返す“不誠実さ”も、当然のですが情状酌量に値しません。

高齢者の運転に関するルールを見直す機会に役立ててください。

 

天下りを繰り返すような上級国民は、ミスを認める、謝る…といったことができないのだろう。素直に過ちを認めて真摯に謝罪していれば年齢も考慮されたかもしれないが、未だにこんな態度では…実刑にして刑務所で反省させるべきだ。

 

現行法の7年でも軽い。2人の命を奪って反省すらしない。

7年求刑の5年判決はなぜ裁判官は2年減らしたのか。




まとめ:【有罪実刑判決】飯塚幸三とは何者?裁判の判決内容は?経歴wikiや現在について調査!

 

今回は、「【有罪実刑判決】飯塚幸三とは何者?裁判の判決内容は?経歴wikiや現在について調査!」とのことで調べてきました。

 

事故から約2年半。ようやく第一審判決が下りました。

 

飯塚幸三さんは、結局、控訴はしませんでしたので、刑が確定したことになりました。

 

今回は、最後までありがとうございました!

【発砲で死亡】のこぎり男の事件!現場の場所、住所は、匝瑳市吉崎のどこ?

【有罪判決】へずまりゅう:本名原田将大とは何者?裁判の判決内容は?経歴wikiや現在について調査!










-ニュース

執筆者:







error: このコンテンツはコピー禁止です。